猫にジャズ

ちらしの裏

#4 リカバリーウェア

f:id:notchi590:20190916010253j:plain

スタンダードドライタイプ

 休息時の自己回復力を高めてくれるというリカバリーウェアなるものを買いました。能書きによれば ナノプラチナなどの各種鉱物を組み合わせた特殊素材(PHT)を繊維一本一本に練り込んで作られており、休養時の体を優しく包み込み、体力が回復しやすい環境を整えますとのこと。休養時専用ウェアで、むしろ活動時には眠くなったりパフォーマンスが落ちるから着るなと書いてあります。

 お値段は驚愕の12,000円(税別)。アホかと言われそうですが、ここ1-2年ほど睡眠の質が悪く肩こりも一向に改善しないため、他力本願に路線変更したわけです。昼間にたまたま"出張族必携!"みたいなブログを覗いたときに取り上げられていたのがきっかけで、調べてみたらAmazonの評価もまぁまぁ。新宿にも販売店があるみたいで小田急ハルクに足を運び、現物を見ることにしました。 試着用があったので着させてもらうと、まぁなんとユニクロに売ってそうな普通のポリエステル100%生地のシャツとそっくり。いわゆる速乾性と謳われているものと同じで効果の有無にだいぶ悩みながらも、せっかく来たんだし信じてみるかぁと思い購入。

 

とにかく12,000円分は着たい。

www.venex-j.co.jp

#3 奨学金を完済した話

繰り返される3日坊主
#2で作ったNTPサーバはまだ生きているので、夏の盛りにまた途中経過報告をしようかと。

 技術とは全然関係無い個人の話ですが、今しがた奨学金を全額繰上返済で完済しました。有利子(2種)奨学金を背負って私立大学を卒業し、住んだことも無い東京でやったこともない一人暮らしを始め、どうにか在学中に学んだ技術の欠片を使って仕事をしてきましたが、どうにか完済できました。初任給の手取り16万円からよくここまでやってこられたと、他人事のようです。

f:id:notchi590:20190714223835p:plain

 卒業と同時に利子含め300万近い借金(15年返済)を背負って社会に出て、てめえの口も養いつつ生活できるものかと考えるたびに、今でも気が遠くなる感じがします。「就職したのに奨学金を返済できない若者」と題して、とりわけ低賃金にあえぐ人々を取材したテレビ番組を見た日には、明日は我が身と思いながら不安で落ち込んだのもよく覚えています。
 返済のソースは主に賞与をあてがっていました。入社から奨学金を返済するまで賞与は無いものとして横によけて、月の収支に少し余裕が出たらそれも足しにしました。大変良い職場環境で仲間にも恵まれたお陰もあり、4年で完済できたことに感謝あるのみです。母子家庭*1の身分で私立大学に進学し、奨学金があるとは言え在学中4年で700万近いお金を工面してもらうなど母親には本当に苦労をかけました。良い親孝行の方法を募集します。

以上、ちらしの裏でした。

 

*1 : 役所の書類上父親は居ます

#2 Raspberry Piで作るStratum1 NTPサーバをベランダで動かすまで

 ブログ三日坊主もいいところでした(反省)

 さて、Twitterへ何気なく投稿した「ベランダNTPサーバ」ですが、大変多くの反応・リプライを頂き驚いているところです。ありがとうございます。

そろそろブログも書きたいなと思っていたところでしたので、良い機会として僭越ながらベランダNTPサーバが稼働するまでの一部始終をご紹介させて頂きます。まだ書き始めですが、長くなりそうなので最後まで根気よくお付き合いください。

事前の注意としまして、今回は屋外でAC100Vを扱います。施工不良により感電及び漏電や電気火災等の重大事故つながる虞を十分にはらんでいるため、施工においては自己責任でお願いします。
(私が施工した部分は電気工事士免状不要に分類されるものですが、自身は第二種電気工事士として免状交付を受けておりますので、その点ご承知おきください。)

続きを読む